japan-railway.com

Japan-Railway.com

JRや私鉄を中心に日本の鉄道について分析している鉄道ファンサイト

最近近鉄民に流行っていることをまとめました!

スポンサーリンク

どうも、梅田なおきです!

前回は近鉄特急についてお話しました。

 

www.japan-railway.com

 

今回は近鉄沿線の鉄道ファン(以下近鉄民で記述)で流行ることを分析していきたいと思います。

 

 

 

近鉄民は黙ってcoolish!

 

近鉄民(近鉄クラスタ)は黙ってcoolishというのが流行っているらしい。Twitterで検索すると関連のハッシュタグを付けている投稿が引っかかる。是非、検索してみよう。

ちなみに平端ひなこもこの投稿をしている。

coolishというのはロッテの「10秒チャージ」出来そうな容器にアイスが入っている食べ物である。

 

なぜ流行ったのか?

 

近鉄の駅には必ずと言っていいほど、coolishを購入できる自販機が置いてある。改札の中や外、ホーム上にも設置してあるのが特徴だ。

学校帰りなどに買え、価格帯も150円で手頃なのが特徴だ。

関東では飲み物の自販機はあるがcoolishの自販機はない。近鉄ならではかもしれない。

ただ、手頃に買えるだけでは流行らないと思う。

現実に関東でJRクラスタは黙って秋葉原のミルクスタンドとか流行らなさそうである。

 

筆者は関東民だがやはり生活圏の違いにあると思う。

 

関東と関西の違いについて

 

知ってる方も多いと思うが、関東と関西では生活圏が異なる。関東は東京一極集中、関西は分散型。

この生活圏の違い、人の集まりやすさがコミュニティを形成し、流行ってたと考えられる。

もちろん、近鉄車両のバリエーションが多いのも一つの要因かと思う。

何はともあれ、関西で近鉄に乗った際はcoolishを買って「#近鉄クラスタは黙ってcoolish」でつぶやこう!

 

近鉄民で流行る「貴族」とは?

どうやら近鉄民は「貴族」をしているらしい。貴族とはどんな意味なのか調べてみた。

貴族とはいったい何か?

貴族は近鉄特急に車内設備の豪華さを求めて課金することである。

中には大阪難波~鶴橋や京都~丹波橋で貴族をする猛者もいるらしい…

30km前後なら510円で指定席座れる。

 

貴族とブルジョワの違いについて

最近関東地方では鉄道系youtuberのスーツさんが特急課金をすることでブルジョワすると言って鉄道ファン間でもブルジョワする人がいる。

しかし、関西地方とりわけ近鉄特急では特急に課金することを貴族するという。

 

貴族とブルジョワ、この二つの言葉に意味はあるのか?どうしても気になってしまったので調べてみた。

貴族とは

貴族とは社会の上流にあって、社会的に特権を持つ階級に属する人。家柄・身分の尊い人。

ブルジョアとは

ブルジョワとは中世ヨーロッパにおいて貴族・聖職者と農民・労働者との中間の階級に位置した商工業者。市民。

つまり、上流階級順に並べると

  1. 貴族(近鉄特急に課金)
  2. ブルジョワ(グランクラスなどに課金)
  3. 市民

 

なんということでしょう。

東京~上野に合計7000円近くするグランクラス課金(ブルジョワ)をしたスーツさんより、乗車券入れても1000円近鉄特急に課金(貴族)した近鉄民の方が上流なってしまった。

近鉄特急>グランクラス なのか。。。

真相は謎だ。。。

 

最後に

特に関西民が優れていて関東民が劣っているとか言うことではなく、単なるネタなのでご了承頂きたいと思います。

 

是非、近鉄特急に乗る機会があれば「ブルジョワ」ではなく「貴族」してみてはいかがでしょうか?