japan-railway.com

Japan-Railway.com

JRや私鉄を中心に日本の鉄道について分析している鉄道ファンサイト

宇都宮線で普通列車と所要時間がほぼ一緒の快速列車がある?

スポンサーリンク

どうも、梅田なおきです。

 

今回は宇都宮線で所要時間が普通列車とあまり変わらない快速列車を見つけたので記述したいと思う。

 

 

問題の列車

発車時刻

問題の列車は上野駅を22:20に発車する宇都宮行き快速ラビットと通勤快速である。(前者は土休日、後者は平日運転である。)

実はこの列車2016年のダイヤ改正時には既にあって筆者もこの列車に乗ったことがある。

走破時間の目安

上野~宇都宮は普通列車で1時間40分~1時間50分、快速列車で1時間27分~39分で走破する。

 

問題の列車の走破時間

快速列車が1時間半前後で走破するのに対して、本項で解説するこの快速列車は1時間39分で走破する。ほぼ普通列車と同じ時間だ。

なぜ遅いのか?

理由は大きく二つある。

  • 久喜で先行の小金井行きを抜かした後、普通列車とほぼ同じ時間で走行。(本来の短縮では久喜から小山で2分短縮する。)
  • 小山駅で接続待ちで5分停車。

 

つまりまとめると(カッコ内に短縮時間)

上野→(-7分)→久喜→(-7分+2分=-5分)→小山(5分接続待ち)→(0分)宇都宮

このようにして普通列車とほぼ所要時間が変わらない快速列車を見つけることができた。

今回のダイヤ改正で小金井行きの快速ラビットは消滅しました!

個人的に面白いダイヤで小金井まで走っていた快速列車の中で一番吹っ飛ばしてた気がします。普通の快速より5分くらい早かった気がしますし、小金井で先行の宇都宮行きに連絡してた珍しいダイヤだったので残念です。。。3分前に宇都宮行きが走っていても接続普通はないですからねえ。。。

最後に

お分かりいただけただろうか?

実際に乗ると久喜から先ストレスを感じます。かなり遅く80㎞/hくらいしか出さなかった記憶があります。

利用する際は注意しよう。

 

こちらも読んでね!

 

www.japan-railway.com

www.japan-railway.com

www.japan-railway.com

www.japan-railway.com

www.japan-railway.com