japan-railway.com

Japan-Railway.com

JRや私鉄を中心に日本の鉄道について分析している鉄道ファンサイト

格安航空券予約サイトはぼったくり? 見分ける方法、教えちゃいます!

スポンサーリンク

どうも、梅田なおきです。

 

今回は近年登場している格安航空券についてお話したいと思います。

 

 

http://www.jtb.co.jp/kaigai_fit/images/contents/air/checkpoint5/title.gif

 

 

格安航空券ってなに?その実態とは?

 

格安航空券っていろんな意味を指しますよね?

 

 

 

例えば、格安航空会社で取ったチケットのことを言ったり、格安航空券って銘打った旅行会社のサイトで予約した航空券のことを言ったり。

 

 

 

 

今回は後者についてわかりやすく説明します

ぜひ、この記事を基に正しい知識を持って賢い利用者になりましょう。

 

 

 

 

格安航空券って銘打ってるけど旅行会社のサイトで予約したら本当に安いの?

旅行会社で予約すると正直デメリットしかない

  • 手数料を取られる(ビジホに1泊できるくらい)
  • 座席指定ができない(自分で予約すればできる)

 

以上が大きなデメリットです。

 

 

 

 

結論を先に言いますと安くないです

 

 

 

なぜなのか、ポイントを順に説明します。

 

 

結論、格安航空券を取り扱っている旅行会社はただ転売をしているだけ

何を言っているのかわからない、安くないわけないだろと思うかもしれません。

 

ですが、論より証拠です

 

これまで何度も利用し、すっかり信者になってしまった方も心を落ち着けてよく聞いてください。

 

 

 

転売の仕組み

なぜ格安航空券というものができるのか、まずはどうやってできるか説明します。

 

 

 

どうやって格安航空券を作っているのか、そして転売する方法

 

 

 

どうやって格安航空券を作っているのかまずそれについてお話します。

 

 

 

 

全てにおいて当てはまるわけではありませんので注意してください。

 

 

 

はじめに格安航空券の作り方を順に項目で上げていく(ただし、LCCは当てはまらない)

  1. 金券ショップなりで株主優待券を仕入れてくる
  2. 株主優待券を使用して航空券で運賃を半額にする
  3. 航空券を予約する

 

作り方はたったこれだけです。

 

 

 

 

転売の利益のつけ方を説明します。上で示した順で説明しますので上記と参照しながら見てください。※個人で営業するのは法律で引っかかりますのでやめましょう。

  1. 仕入れた株主優待券に利益を付ける(相場は後述。1000円から2000円が多い)
  2. (ここでは利益はつかない)
  3. カード・コンビニ決済手数料・手配手数料が取られる(どちらも1000円くらい、合わせて2000円)

 

 

 

※自分で航空会社のサイトから予約すればこれらの手数料は不要です。つまり、お金をどぶに捨てるようなものです。

 

 

 

 

 

つまり、少ないときで2000円、多いときで4000円以上手数料を取っていることが多いです。(一番高いところで取扱料金1080円、株仕入れ代8300円で利益としては5000円でした。つまり約6000円手数料として取られます。)

 

 

 

 

でもこれは利用者からすれば大変不利益なこと手数料だけで旅行先でおいしいもの食べれるじゃないですか?(僕は正直ぼったくりでは?と思います。)

 

 

 

手数料がどこでかかっているか?見分ける方法は?

 

 

 

まず、手数料を見分ける方法をお教えします。

 

 

 

適当に格安航空券で調べてみて、順番に実際にやった方がわかりやすいと思うのでよかったらやってみてください。 

 

 

 

※すべてに手数料がかかっているわけではありません。(全部で取っていたら、利用者からたくさん手数料取っていることをカモフラージュできませんからね。)

 

  1. 適当に日付、区間を設定する(1か月先とかにしてみましょう。)
  2. 結果が出る
  3. 適当に便を選ぶ
  4. 内訳を表示する
  5. すると手数料がどれだけかかっているか分かる
  6. 本来の料金はいくらなのか調べるため、航空会社のサイトに飛び、同じ日の同じ便の「株主優待割引運賃」のところをみる。

 

以上で終了です。お疲れさまでした。

 

 

 

どうでしたか?高いという実態が分かったと思います。

 

 

 

さて、見ている方でこれは自分でできるのでは?と思ったあなた、正解です。

 

正直自分でできます。

 

次に自分で格安航空券を作る方法を教えちゃいます!

 

 

 

 

 

自分で格安航空券を作る方法

簡単に言えばやり方はさっきと同じです。

  • 金券ショップで株主優待券を購入する(金券ショップが遠い場合郵送してもらいましょう)
  • 通常の運賃の半額になる株主割引運賃を選択する
  • 航空券を予約し、株主優待券に記載の番号を打ち込む

 

たったこれだけです。初めての方もちゃんと説明しますので安心してください。

 

 

 

はじめに言っておきますが株主優待券は株主だけが利用できるわけではなく、一般の人も利用できます。

 

株主優待券の相場

ANAの株主優待券の相場

有効期限の近いもの 約2800円前後

有効期限に余裕のあるもの 約3100円前後

 

JALの株主優待券の相場

有効期限の近いもの 約3450円前後

有効期限に余裕のあるもの 約3500円前後

 

 

株主優待券の使い方

ANAの株主優待券の使い方

 航空券予約・購入時に

  • 株主優待番号
  • 登録用パスワード

を入力すれば完了です。

 

※予約がギリギリで場合は購入時にカウンターに渡してください。

 

JALの株主優待券の使い方

航空券予約・購入時に

  •  発券コード(横長の方)

 のみ入力してください。

 

※予約がギリギリで場合は購入時にカウンターに渡してください。

 

※このほかに早割などさらに安い航空券がある場合があります。

 

あとは、航空券をカウンターで受け取って搭乗するだけです。

ね?簡単でしょ?

 

次に格安航空券の見つけるために個人で全部比較するのは難しいと思いますのでその方法も教えちゃいます!

 

 

 

 

 

正しい格安航空券の見つける方法

 

簡単に言えば格安航空券のサイトを検索サイトとして利用するということです。

 

順番に説明すると

  • 格安航空券と検索
  • 適当に検索で出たところをクリック
  • 日付、区間を設定する
  • 結果が出る
  • 乗りたい航空会社、便を選ぶ
  • Googleなどで別に航空会社にアクセスしてみる(格安航空券の検索サイトから直接航空会社のサイトに飛べないため)
  • 同じ日付、区間、乗る便を選択する(格安航空券のサイトにどの運賃か書いてありますので、比較してみてください)
  • 最後に航空会社のサイトで予約する株主優待券の場合、先述の自分で格安航空券を作る方法の項で説明していますのでそちらを参照 このページの目次にあります。)

 

説明は以上になります。

 

最後に格安航空券と銘打った旅行サイト(旅行会社のサイト)にぼったくられない心得をお教えします。

 

 

 

格安航空券と銘打った旅行サイト(旅行会社のサイト)にぼったくられない心得

以上のポイントを頭に入れていればあなたがぼったくられずに済みます。

  • 格安航空券のサイトで予約は絶対しない
  • 必ず航空会社のサイトで予約する
  • 格安航空券のサイトはどの航空会社がどの運賃が安いか比較するだけにとどめること(予約サイトではなく検索サイトだと言い聞かせましょう)
  • 格安航空券のサイトでの料金が航空会社で案内している料金より安くならない
  • 格安航空券のサイトは不必要な手数料をあなたから取ろうとしている
  • 〇〇トラベル限定割引という文言に騙されない(航空会社の運賃より安くなることはあり得ません)
  • 株主優待割引運賃の場合、株主優待割引券を自分で購入する(金券ショップなどで売ってます)

 

以上のことをしっかり守りましょう。

 

最後に

浮いた手数料でぜひおいしい食事、満足できる体験にお金を使ってください。

あなたが素敵な旅行をできたら僕も幸せです。

 

質問やご意見はこの記事のコメント欄か(ページ下部にあります)僕のTwitterへ

 

僕のTwitterはこちらから

twitter.com