japan-railway.com

Japan-Railway.com

JRや私鉄を中心に日本の鉄道について分析している鉄道ファンサイト

新型名阪特急 2020年春デビュー決定!! 新たな時代へ

今回は名阪特急に新型車両が導入されるという発表がありました!

それについてまとめましたのでご覧ください!!

新型名阪特急 2020年春デビュー決定!! 新たな時代へ

f:id:kintetsulovehirahata:20180111184846p:plain

 

近鉄では、沿線の2大都市である大阪と名古屋間を運行する次世代の特急として、「新型名阪特急」を新造することを決定いたしました。
この次世代特急は「くつろぎのアップグレード」をテーマに、日本初となる全席バックシェルを備え、座席の前後幅を広く確保するなど、車内の居住性を従来から大幅にグレードアップし、名阪間のビジネス、観光、お出かけなど多様な用途のお客さまに快適な移動空間をご提供いたします。
本特急は6両8編成、8両3編成の合計72両を製造し、順次名阪特急に投入する予定です。

 

「新型名阪特急」の概要

 運行開始時期

2020年春を予定している。

オリンピックまでに間に合わせたい考えだ。

導入区間と新造両数

名阪特急に導入されるため、 運 行 区 間は 大阪難波~近鉄名古屋間となっている。

 新 造 両 数は6両編成×8編成と8両編成×3編成 計72両を導入する。

これによって名阪特急から21000系は運用を外れることになるかもしれない。

なお車両の製造費用は 約184億円だ。

 

編成表

f:id:kintetsulovehirahata:20180111184852p:plain

近畿日本鉄道プレスリリースから引用

あくまでも6両編成なので、8両編成はどのような配置になるかはわからない。

特徴としては、

  • 喫煙コーナーが減らされている(現在は2か所あるが、新型車両は1か所のみ)

 

気になる内装は?

 

レギュラーシート

先頭車両を除いた中間車両すべての座席がこの仕様になる。

 

ポイントとしては

  • 全席にバックシェルを設置
  • 座席前後幅は116cm【レギュラー席としては近鉄最大】
  • ガラス製の荷棚と仕切扉を用いた開放感のある車内

f:id:kintetsulovehirahata:20180111184910p:plain

近畿日本鉄道プレスリリースから引用

ハイグレードシート

先頭車両のみに座席だ。

プレスリリースにはDXシートとは書いていないので、新たな区分で座席料金が設けられる可能性がある。(設備からするとしまかぜのプレミアムシートより料金は高くなるのかもしれない)

ポイントとしては

  • 全席3列シートで、後部座席のお客さまに気兼ねなくリクライニングしていただけるバックシェルを設置
  • 大きなガラスで見晴らしの良いハイデッカー構造で前面の大きなガラスで左右に広がる印象の前方展望を実現
  • 本革を使用した座席で前後幅130cm【日本最大級】(アーバンライナーよりも25cm広く確保)
  • 電動リクライニング、電動レッグレスト
  • 高さ・角度調整機能付きヘッドレスト
  • 横揺れを低減する電動式フルアクティブサスペンションを設置

f:id:kintetsulovehirahata:20180111184902p:plain

近畿日本鉄道プレスリリースから引用

そのほかの対応

インバウンド対応の強化
・全車に、大型荷物を収容できるロッカー等の荷物置き場を設置
・無料インターネット接続サービス(無料Wi- Fi)の提供
・車内表示器は多言語対応(日本語、英語、中国語、韓国語)

その他の特徴

・座席以外でくつろげるユーティリティスペースを設置

・全車に空気清浄機を設置・紫外線、赤外線をカットする大型窓を採用・デッキ、大型荷物置き場に防犯カメラを設置

・全席にコンセントを設置

・衝突事故時の安全に配慮した車体設計