Japan-Railway.com

JRや私鉄を中心に日本の鉄道について分析している鉄道ファンサイト

⇓ブログランキングへの投票をお願いします!⇓(バーナーから投票してね)

鉄道コム にほんブログ村 旅行ブログへ

電車にお得に乗るにはどうしたらいいか?普段の乗車券の購入から使える活用術を公開!

⇓ブログランキングへの投票をお願いします!⇓(バーナーから投票してね)

鉄道コム にほんブログ村 旅行ブログへ

どうも、梅田なおきです。

 

今回は普段の乗車券購入から使えるお得な活用術を皆さんにお伝えしたいと思います。

 

http://livedoor.4.blogimg.jp/my_tool7/imgs/suica/suica_feature.gif

交通系ICカードってポイントはつかないし、使える現金が減っちゃうよね。。。

 

皆さんはこんなこと一度は疑問に思ったことはないですか?

 

「Suicaとかって確かに券売機に並ばなくて済むし、切符買わなくて便利だけど、ポイントってつかないよね。。。」

 

「そんな時ポイントを使える方法ないだろうか?」

 

実はあるんです!

あと言っておくのを忘れましたが JRE POINT ではありませんよ。

あれは確かにSuicaでの買い物で使えますが、乗車券でポイントをためることはできません。

 

 

 

 

残念ながらICカードでポイントがたまるのは一部の鉄道会社だけ

実はJRではなく近鉄にKIPS ICOCAというICカードがあります。

 

これは運賃をICで使った場合200円(税抜)で、近鉄百貨店で買い物をすれば100円(税抜)で1ポイント付きます。

 

近鉄使っている人は持っていてもいいかもしれませんね。

 

でもJR東日本とかではポイントつかないですよね。

 

じゃあどうしたらいいのか?というのが今回の本題です。

 

乗車券や定期券、特急券にも買うときにポイントがついてそのポイントを普段のお買い物に使える方法

 

そんな方法があるのかというと実はあります。

ただし、残念ながらICカードではなく、切符を買う必要があります。

 

カードとつくものって世の中にまだありますよね。

それはクレジットカードです。

僕はクレジットカードがある中でも楽天カード三井住友VISAカード、この二つをお勧めします。

 

まずは楽天カードについて説明したいと思います。

 

楽天カードで切符や定期券を買うと楽天スーパーポイントが100円で1ポイントついてきます。

また、Edy付帯のクレジットカードを発行すれば、たまった楽天スーパーポイントをEdyに交換するとコンビニやスーパーでEdyが使える店なら買い物にも使うことができます。

 

ポイント還元率は大手のスーパーやコンビニとほぼ同じポイント還元率でチャージ型の電子マネーカードと違い、お金をチャージすることがないので手持ちの使える現金を減らす必要がないのが特徴です。

 

基本的に書類で審査を出さずにパソコン上で簡単に申し込みをすることができます。

またクレジット会社のブランドも選べるのでお勧めです。

 

ただ、ICカードとしての機能が付いていないので、そこが唯一の欠点かもしれません。

 

ポイント還元率は高いのでお得にポイントを貯めたい人におすすめです。

 

 

↓ポイントがたまってお得な楽天カードはこちら↓

 

 

 次に三井住友VISAカードについて説明していきたいと思います。

 

三井住友カードは特徴が少し違く、ポイント還元率が少し低い、クレジット会社のブランドはVISAしか選べないのが欠点でしょうか。

 

ポイント還元率は1000円で1ポイントで楽天スーパーポイントに交換でき5ポイント分になるため、200円で1ポイントより少し還元率が低いと考えた方がいいです。

 

しかし、ICカードのPitapa(Suicaと同じ交通系ICカード)をクレジットカードに搭載することができ、ICカードとしても使用できるのが強みです。

 

あとは不正利用されたときや買った商品が盗難された場合60日以内なら100万円を限度にして保証してくれるのが、うれしいと感じるところです。

 

ICカードとして使いたい方はこちらをお勧めします。

↓お得な三井住友VISAカード18歳から25歳の方はこちら↓

 

 ↓お得な三井住友VISAカード26歳以上の方はこちら↓

というわけで今回はここまでです。

よかったら他の記事も見ていってくださいね。