Japan-Railway.com

JRや私鉄を中心に日本の鉄道について分析している鉄道ファンサイト

2018年版北海道&東日本パスが発売!だけどあまり使えない?

⇓ブログランキングへの投票をお願いします!⇓(バーナーから投票してね)

鉄道コム

今回は北海道&東日本パスが発売されたのでそれについて解説していきたいと思います。

 

キハ261系基本番台 特急「スーパー宗谷」(2010年2月4日、函館本線 白石駅 - 苗穂駅間)

 

概要

  • JR北海道、JR東日本の普通列車が「連続する7日間」乗り放題
  • 青い森鉄道線、IGRいわて銀河鉄道線、北越急行線の普通列車も利用できる
  • 別に特定特急券を買うことで、北海道新幹線(新函館北斗~新青森間)の普通車の空いている席が利用できますです!

発売期間

  • 【春季】2018年2月20日~2018年4月16日
    【夏季】2018年6月20日~2018年9月24日
    【冬季】2018年12月1日~2019年1月4日

 

利用期間

【春季】2018年3月1日~2018年4月22日
【夏季】2018年7月1日~2018年9月30日
【冬季】2018年12月10日~2019年1月10日

 

価格

大人10850円 小児5420円

 

北海道&東日本パス北海道線特急オプション券(春季限定発売)

北海道&東日本パスの利用者であれば、北海道新幹線の新函館北斗~新青森間の立席及び北海道内の在来線の特急列車の普通車自由席を1日間利用できるオプション券です。

 

価格は大人6000円、小児3000円です。

 

使い方・メリットとデメリットについて考えてみる

実は意外とこれは高いのかもしれないと個人的に思いました。

安く旅をするというという目的でこの切符を選んでいるはずなのに結局高くなってなってしまうのがこの切符かもしれません。

鉄道だけで移動したい人にはおすすめしますが、安く旅行を有意義に過ごそうという方にはお勧めしません

北海道へはバスでは行くのは難しいですが、飛行機やフェリーやほかの方法がありますし、そちらも検討した方がいいと思います。

もしわからないことがあれば聞いてみてくださいね。(相談は無料です)

 

www.japan-railway.com

 

 

 

連続して7日間も日程取れないというのもありますが、3日や4日程度であれば1日当たり約2700円。

函館まで行って帰ってくるだけでも北海道新幹線の新青森から新函館北斗~新青森の特定特急券が3980円×2で7960円追加でかかる。

鉄道で東京から北海道へ向けていく場合、片道1日かけていって実質使えるのは5日。

ここで函館を観光できるのは実質1日。宿泊費入れずに切符代だけでも18810円。

飛行機で早割を使えば片道9000円あれば乗ることができ、1万円あれば空港まで行くことができ、2万あれば往復することができ、往復で2日無駄にしてしまうこともありません。

 

あと、非常に難点があり、函館から札幌方面は普通列車で乗り継ぎが3時間待ちというのが普通にあり、特急使わざるを得ないと思います。

しかし、もし春季限定ですが特急利用券1日6000円を払うくらいなら、結局、フェリーや飛行機で北海道へ上陸して北海道フリーパスを買った方がいいのかな?(日数が増えると北海道フリーパスのほうが安くなっている時があります)

 

ということで今回はこれで終わりです。

ありがとうございました。

 

北海道フリーパスのは特急自由席を7日間乗り放題の切符でこちらの方が移動しやすいと思います。指定席も6回まで指定することができ、価格は26230円で特急で移動するのが主なJR北海道ではこちらの切符の方が逆に安くなると思います。