Japan-Railway.com

全国のJR・私鉄について分析している鉄道ファンサイト

小山短絡線の廃線跡が一部消滅か

⇓ブログランキングへの投票をお願いします!⇓(バーナーから投票してね)

鉄道コム

小山短絡線の廃線跡(敷地) 一部売却か

2018年10月ごろから小山短絡線の廃線跡(敷地)が一部売却され、それに伴い短絡線の跡地が消滅した模様です。

 

小山短絡線とは?

小山短絡線とは栃木県の小山市にあった短絡線で、小山駅を経由せずに東北本線(現在の宇都宮線)から水戸線へ乗り入れすることができた路線です。

 

小山駅は現在でも新幹線停車駅で、かつては「おはようとちぎ・ホームタウンとちぎ」などの特急列車の停車駅で、栃木県内でも宇都宮駅に次いで比較的規模が大きい駅で、両毛線と水戸線の乗換駅でもあります。

 

なぜ、そんな比較的大きな駅を通過する必要があったのでしょうか?

小山短絡線にはどんな列車が走ったの?

小山短絡線は1950年に開業した路線で主に貨物輸送のために建設されました。水戸線から東北本線を経由して上野方面に貨物輸送をするためには一度、機関車の向きを変え、付け替えを行う(スイッチバック)必要があります。しかし、短絡線を経由することで機関車を向きを変えず、そのまま小山駅を通ることなく上野方面へ走ることができるようになりました。

 

この短絡線を利用して1962年からは旅客列車「準急つくばね」(のちに急行に格上げ)が上野から真岡・水戸・勝田間で運行を開始します。

f:id:kintetsulovehirahata:20181019120939p:plain

現在の小山短絡線跡と小山駅付近 Googleマップから引用 

小山短絡線を利用して走った「急行つくばね」

少し変わった列車で勝田から結城駅までは普通電車として運転し、結城から上野までは急行として運転されました。

午前中と午後にたった1往復運転されていました。

 

「追憶の旅路 ~ 山と街と鉄道と ~」というサイトに急行つくばねが勝田から上野間で運転された写真がありましたのでそちらを紹介します。

急行「つくばね」 - 1982(昭和57)年3月13日 ( 鉄道、列車 ) - 追憶の旅路 〜 山と街と鉄道と 〜 - Yahoo!ブログ

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-33-e8/northern_pulsar_moonlight21/folder/599775/83/20189783/img_0?1306570016

おそらくこちらは国鉄453系電車と思われる。

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-33-e8/northern_pulsar_moonlight21/folder/599775/83/20189783/img_1?1306570016

間々田経由(小山駅の隣の駅)と書かれている

 

 

現在の小山短絡線の様子

小山短絡線も1985年に廃止され、2000年代から線路や架線柱などが撤去され、廃線跡だけは現在まで残ってきましたが、ついにその一部が今回、下の画像の通り更地する工事が行われており、消滅した形になります。

f:id:kintetsulovehirahata:20181019112546j:plain

更地になっている様子が分かる

 

 

f:id:kintetsulovehirahata:20181019112555j:plain

建物と宇都宮線の間に挟まれた空間にバラスト状のものがあるところが、かつての小山短絡線跡。

画像の左側が前の画像の更地になっていた部分になる。

皆さんが小山短絡線について知っていることや小山短絡線に関するコメントもお待ちしております。

↓宇都宮線に関する記事はこちら↓

 

www.japan-railway.com

 

www.japan-railway.com

 

 

 

 

www.japan-railway.com

www.japan-railway.com